知的障がいのある子どもの財産管理でやってはいけないこと

知的障がいを持つ子どもの財産管理について、何の対策もせず、健常者と同じように行ってしまうと、後々の管理が大変になってしまう場合があります。

特に『子ども名義で多額の財産を保有している』『家族と不動産を共有している』『子ども名義で資産運用をしている』このような場合は注意が必要になりますので、具体的にどのような点に注意をしなければいけないのかを説明していきます。

この知識を持っていないと、せっかくの財産が子どものために使われなくなってしまう心配があるので、ぜひこの点には気をつけてください。

1.子ども名義で多額の財産を保有


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

“知的障がいのある子どもの財産管理でやってはいけないこと” への1件のコメント

  1. WordPress コメントの投稿者のアバター

    こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA